Everything is Alright!

Everything is Alright! オーストラリア ワーキングホリデーから帰国した むちこ のブログ。

オーストラリアはコーヒー大国!知っておくと便利なカフェ知識!

   

どうも、シドニーでバリスタとして働いているワーホリ中のむちこ(@Muu_Eia)です٩( 'ω' )و

今日は私の専門であるオーストラリアのコーヒーのお話です!

日本では近年エスプレッソが広まりつつありますが、まだまだ馴染みの薄い文化です。オーストラリアは日本とは比較にならないほどのコーヒー大国。せっかくオーストラリアに来ているのだから、こちらのコーヒー文化にもたくさん触れちゃいましょう٩( 'ω' )و

 

オーストラリアのコーヒー

オーストラリアは国民一人あたり年間3キロほどのコーヒーを消費しているコーヒー大国です。

オーストラリアのコーヒーのルーツはエスプレッソが主流のイタリア系と言われています。移民してきたイタリア人が自国のコーヒー文化を広げ、さらにそこからオーストラリア流に発展して行ったそうです。シアトル系の代表であるスターバックスも閉店が相次いでしまうほど、オーストラリアのコーヒー文化は根強く浸透しています。

街にはカフェが溢れ、店内やテラス席、またテイクアウェイで、それぞれコーヒーを楽しんでいます。

pexels-photo-171346

 

押さえておきたい基本の種類

オーストラリアではコーヒーを注文するときには必ずコーヒーの種類を伝えます。それだけコーヒーの飲み方が多様で、各々のこだわりがあるのです。

Espresso/Short black(エスプレッソ/ショートブラック)

細く挽いたコーヒー豆を専用のマシーンで圧力をかけ抽出して出来るコーヒーです。

量は30ml程度と少ないですが味が濃く、コーヒー本来の味を楽しめます。

またダブルショット(2杯分)のものはDoppio(ドッピオ)と言います。

espresso-overdose

 

Macchiato(マキアート)

エスプレッソの上にミルクフォーム(泡立てたミルク)を少量のせたものです。

 

Latte(ラテ)

エスプレッソにスチームドミルク(温めたミルク)とミルクフォームを注いだものです。表面に1cmほどのミルクフォームがくるので、口当たりが柔らかくなります。

通常ガラスのグラスで提供されます。

スクリーンショット 2017-02-03 11.09.53

 

Piccolo latte(ピッコロラテ)

小さいラテです。しかしエスプレッソの量は変わらないので、より濃い味わいになります。

 

Cappuccino(カプチーノ)

エスプレッソにスチームドミルクとミルクフォームを注ぎ、表面にチョコレートパウダーをかけたものです。ミルクフォームが多めなので、泡を食べて楽しむ人もいます。

スクリーンショット 2017-02-03 11.10.24

 

Flat white(フラットホワイト)

エスプレッソにスチームドミルクを注いだものです。

オーストラリアならではのコーヒーです。

20131107-latte-rosetta

Mocha(モカ)

エスプレッソにホットチョコレートを注いだものです。

 

Long black(ロングブラック)

お湯を注いだカップにダブルショットのエスプレッソを落としたものです。

longblack

 

Iced coffee(アイスコーヒー)

オーストラリアでアイスコーヒーと言うと、エスプレッソに冷たい牛乳を注ぎ、バニラアイスをトッピングしたものを指します。

日本で言うアイスコーヒーには。アイスロングブラックが一番近いです。

 

 

オーダーに便利なその他の知識

オージーのコーヒーへのこだわりはとても強いので、上記のコーヒーの種類だけではない部分も細かく注文します。そのうちの幾つかをここで紹介します。

ミルク

基本のフルミルクの他に、スキムミルク、ソイミルク、アーモンドミルク、ライスミルクなどがあります。

お客さんによってはミルクのメーカーまで確認する徹底ぶり!

またアレルギーのある方はもちろん、脂肪分や栄養面を気にしている方にもおすすめです。

取り扱っていないお店もあるので、わからなければ店員さんに聞いてみてください。

 

砂糖

基本の砂糖の他に、ローシュガー(粗糖。未精製のミネラル分を多く含む砂糖。茶色い。)、スイートナー(人工甘味料)で甘みを足します。

注文のときに聞かれることが多いです。聞かれなかったとしても自分から伝えれば、後に自分で入れて混ぜる手間がかかりません。また伝える際には何杯入れるか数まで伝えましょう!

 

温度

ミルクはバリスタの手によってスチーマーで温められるので、温度の調節が可能です。熱々が好きな人は熱め、猫舌の人はぬるめと注文すれば、飲みやすいものを提供してくれます。

しかしミルクは65度を超えると風味が落ちると言われているので、熱めに関しては注意が必要です。通常バリスタは65度を目指してスチームしています。

 

より濃いエスプレッソを楽しみたい方は、ミルクの量を3/4(スリークオーター)にしてみましょう。全体量は減りますが、エスプレッソがさらに引き立ちます。

 

 

シドニーのおすすめカフェを紹介!

私が実際に行ったことのあるカフェを紹介します٩( 'ω' )و

どこも名の知れているカフェなので、是非一度訪れてみてください!

 

Single O

焙煎から手がけるこだわりのコーヒーを楽しめます。

エスプレッソだけではなく色々な抽出方法でコーヒーを味わってみてください。

Single O SURRY HILLS CAFÉ & SIDESHOW

60-64 Reservoir St Surry Hills NSW 2010
Mon-Fri 6:30am-4pm
Sat 7:30am-3pm
Sun closed

http://singleo.com.au

 

BREWTOWN

おしゃれなお店で素敵な料理やスイーツとともにコーヒーを楽しめます。

BREWTOWN NEWTOWN

6-8 O'Connell Street Newtown NSW 2042
everyday 8am-4pm

http://www.brewtownnewtown.com

The Grounds of Alexandria

たくさんのお店が並ぶカフェ複合施設!

The Grounds of Alexandria

Building 7A 2 Huntley Street Alexandria NSW Australia 2015
Mon–Fri 7am–4pm
Sat&Sun 7:30am–4pm

http://thegrounds.com.au

 

まとめ

百聞は一見にしかず!なので、まずはみなさんトライしてみてください!

お気に入りの一杯にきっとめぐり合えるはずです٩( 'ω' )و

 

コンタクトはぜひお問合せフォームか、twitter(@Muu_Eia)までご連絡ください!

twitter(@Muu_Eia)では随時近況を報告していきますので、フォローしてもらえると嬉しいです。

instagram(instagram.com/muchico_eia/)ではカフェに関する写真を中心に公開しているので、よろしければこちらもよろしくお願いします。

まだまだワーホリ生活は続きます!٩( 'ω' )و

 

 - ワーホリ生活