Everything is Alright!

Everything is Alright! オーストラリア ワーキングホリデーから帰国した むちこ のブログ。

イングリッシュネームの必要性と付け方について考えてみた。

   

オーストラリア ワーホリも半分を折り返し、生活もだいぶ落ち着いたむちこ(@Muu_Eia)です。

突然ですが私の本名はもちろん むちこ ではありません(笑)しかしこの名前と同じように、他国の人からはとても呼びづらい発音の名前なんです。

どうやったら一回で名前を聞き取ってもらえるか、どうやったら覚えてもらえるか、長い間悩んでいました。もう名前なんて呼ばれなくてもいいや、なんて諦めたこともありました。

ですが最近、バイト先のボスからの提案で「ナタリー」というイングリッシュネームをもらいました。

これがとても聞き取ってもらいやすく、すぐに覚えてもらえたのです!もっと早くこの名前を名乗りたかったと思うくらい。

 

さて今回は「イングリッシュネームの必要性と付け方について考えてみた。」

日本人でイングリッシュネームを持ってる人ってとても少ないと思います。通っていた語学学校の先生もそう言っていました。

それに対してタイ人や台湾人はイングリッシュネームを持っている人が(私の周りでは)多いし、ヨーロッパや南米の人はそもそもイングリッシュに近いネームなので比較的覚えやすいし発音しやすいんですね。

そんな中での日本人の名前問題。私なりに語っていきます。

beautyfullwoman_1

 

イングリッシュネームの必要性。

そもそもイングリッシュネームとは、英語圏で使用されている名前や英語の音で発音できるあだ名です。

本名が「アン」や「マリア」など、実際に英語圏で使用されている名前だったり、英語でも発音しやすい名前なら、すぐに覚えてもらえるし、呼んでもらいやすいでしょう。

しかし日本語には日本語にしかない発音があります。

日本語特有の発音が含まれる名前は、日本語の馴染みのない人たちに難しく聞こえるでしょうし、なかなか覚えられないものです。もちろん発音するのも難しいでしょう。

そこでイングリッシュネームを持つことによって、他国の人に自分のことを呼んでもらいやすく、覚えてもらいやすくできます。人との関わり合いの中で名前を覚え、呼ぶことは欠かせませんからね。

もちろん毎日一緒にいるクラスメイトや同僚など、共に過ごす時間が長ければ覚えて呼んでもらうこともできると思います。

必要と思うか、必要ないと思うかは、あなた次第です。

 

なぜ日本人はイングリッシュネームを付けないのか。

今のイングリッシュネームを持ってなかった頃の私の場合は、「ちょっと恥ずかしい」というのが正直な意見でした。自分の名前ではない、他の誰かの名前を名乗っているようで、「自分じゃない感」がとても強かったように感じます。

また日本人は比較的「みんなと同じ」が好きなので、「みんなが付けていないから自分も付けない」という人もいるかもしれません。

ただそこから一歩踏み出すことによって、新しいコミュニケーションの方法が見つかるかもしれません。

 

イングリッシュネームを試行錯誤した日々。

出国前、海外で生活をすることを決めた時点で、絶対自分の名前は日本人以外からとても呼びにくいだろうという自覚がありました。以前海外留学していた人などに相談して、イングリッシュネームを付けたい!とはずっと思っていたのですが、なかなかしっくりくるものが見つからずそのまま出国、そして半年を過ごしました。

なぜそんなに考えすぎていたのでしょうか。それは自分の中で「自分の本名に関連性のあるイングリッシュネームにしたい」という気持ちが大きかったからだと思います。本名のイニシャルである「M」から始まる名前で、少しも日本人感を感じないもの(例えばマリーだと真理っぽいからダメとか)と、視野を狭めすぎていました。

しっくりくる名前があっても、とても発音しにくくてなかなか伝わらなかったりして、結局呼んでもらいやすいように付けたイングリッシュネームの意味が全くなくなってしまっていました。

***

結局イングリッシュネームを使わずに生活していましたが、ある時期バイト先のお客さんから立て続けに名前を聞かれることがありました。いつものごとく「日本人以外にはすごく難しくて覚えられない名前なんだけど、、、」と前置きしてから本名を言うと、もちろん3回くらい聞き返されて、スペルを伝えて、それでも読み方に納得せず結局お客さんが諦めるというパターン。

それを見たボスが「イングリッシュネームつけたら?」と。

そこで今までの私のイングリッシュネームヒストリーを話しました。そしてさいごに「もうこの際本名との関連性はいらないので、人から覚えてもらいやすくて、自分でもいいやすいイングリッシュネーム無いですかねぇ、、、」と相談すると、真剣に考えてくれるボス。いい人や。。。

数分後、私のイメージを基に3つほどのイングリッシュネームを提案してきてくれました。その中の一つが今使っている「ナタリー」でした。確かに言いやすいし、ザ英語圏の名前!ってかんじ。即決でした。

こうして最終的にはあっさりとイングリッシュネームが決まり、その日から出会った人には、ナタリーと名乗っています。1回で伝わるし、スペルも聞かれない。お気に入りのイングリッシュネームになったのでした。

 

イングリッシュネームの付け方のポイントまとめ

一番大事なのは、相手に伝えやすい名前であることだと思います。

自分のこだわりで選択範囲を狭めずに、広い視野でイングリッシュネームを考えてみてください。自分で決められない!という人は、私のように人に提案してもらうというのもアリだと思います。

イングリッシュネームは、使い始めは違和感があっても、使っていくうちに愛着が湧いてくるものです。イングリッシュネームを考えている方にとって、少しでも参考になりますように。。。

 

***

気になる情報や質問がある方はぜひお問合せフォームか、twitter(@Muu_Eia)までご連絡ください!

twitter(@Muu_Eia)では随時近況を報告していきますので、フォローしてもらえると嬉しいです。

instagram(instagram.com/muchico_eia/)ではカフェに関する写真を中心に公開しているので、よろしければこちらもよろしくお願いします。

まだまだワーホリ生活は続きます!٩( 'ω' )و

 

 - ワーホリ生活