Everything is Alright!

Everything is Alright! オーストラリア ワーキングホリデーから帰国した むちこ のブログ。

私が会社を辞めてワーホリすることを決めた理由

   

オーストラリア ワーホリまであと2週間な むちこ です。

今回はなぜ私がワーホリに行く事にしたのか。自分の気持ちを再確認するためにも書いてみます。自分語りです。

macbook-925480_960_720

 

最初に仕事を辞めようと思った。

私はワーホリに行くから仕事を辞めたのではありません。仕事を辞めようと思ったのが先でした。

仕事内容が辛くて嫌になったり、拘束時間が長いのが苦になったり、徹夜がしんどかったり。もちろん楽しい事もいっぱいありましたが、辛い事の方が多くなってしまって、漠然と「もう辞めよう」と思いました。

思い残した事や、まだ達成していない事、楽しいと思えてる事も沢山ありました。嫌な事から逃げてるだけな気もしました。でも何か新しく始めるなら今しかないとも思いました。

そこで思いついたのが海外に行く事。目標ができたことが、仕事を辞める決定打になりました。

 

英語話せるようになりたいなあ。

今から2年前、仕事で海外に行けといわれてパスポートを作り、人生で初めて海外に行きました。当時24歳でした。

それまで私は、一生日本から出る事はないと思っていたし、洋楽も洋画も興味ないし、海外や英語とは無縁な生活をしていました。ただ日本で生活していても、たまーに英語を使う場面に遭遇します。道を聞かれるとかとか。そういう時に「英語喋れたらなー」って思いますよね。多分誰でもそう思うと思います。

 

そんな漠然とした海外・英語への思いから気持ちが変わったのは、実際に海外に出た時でした。

初めて行った国が香港だったのですが、ただただ感動しました。日本じゃないってこんな感じなんだとか、本当にこんな街が存在するんだとか、表示がほぼ漢字とか、独特の香辛料の匂いとか。日本で当たり前だった事が覆されて衝撃的でした。

そこから世界は広いと知った私は、一人でグアムに行きました。目的はビーチで寝るため!笑

しかし行ってみたは良いものの、現地の人とコミュニケーションをとる事もなく終了。身振り手振りで精一杯でした。

その時思いました。「英語が喋れればもっと旅行が楽しいはずだ!

しかしその頃は仕事が楽しかったので、辞めようなんて微塵も思っていなかったし、英語は後回しでした。

 

それからなんだかんだで1年経ち、仕事でロンドンに行く事に。

そこでも毎度のごとく異国の雰囲気に圧倒されるわけですが、何より圧倒されたのはミュージカルでした。本番中は話してる内容なんて全くわかりませんでした。ただ読んだあらすじを思い出しながら雰囲気だけで話についていくだけ。英語を聞き取って理解しようとしても全くついていけず、頭がパンクしそうでした。頭がぐるぐるしながら休憩中に食べたハーゲンダッツの味が忘れられません。

その時、英語を身につけて、このミュージカルを全部理解できるようになる!と決めました。これが私の中で英語を本格的に勉強しようと思ったきっかけになりました。

6151-english-dictionary

 

南国で格安留学しようかなあ。

仕事を辞めると決め、英語を勉強すると決めた私は、巷で噂の格安留学を考え始めました。フィジーとかセブ島とか、1ヶ月○万〜って広告、よく見ますよね。

3ヶ月くらい、南国でのんびりしながら英語学んで、ビーチで遊んで、費用もお安い。なんて素敵なんでしょう。

でもそれで日本に帰ってきた時、何するんだ?果たしてそんな短期間で日常会話レベルでもマスターできるのか?といった不安や懸念事項が出てきました。

どうせ会社辞めてまで留学するなら、中途半端では終われない!!!ぐーたらでめんどくさがりの私は、もっと自分にストイックに行かねば!!!と思い、学校で学ぶだけではなく、現地で生活できる方法を探す事に。

でも現地で生活するとなると、お金を稼がないと生活していけない。となると、学校にも行けて、働く事もできて、ある程度の滞在期間が許された方法。そこで行きついたのが、ワーキングホリデーでした。

 

まとめるほどでもないまとめ

ワーキングホリデーに行く理由は、人によって様々だと思います。私みたいに語学の習得をしたい人もいれば、海外の生活や文化に触れてみたい人、資格を取りたい人、インターンをしたい人、本当に十人十色の理由があります。

私は自分がこんな理由でワーホリに行ってもいいのか、悩んだ時期もありました。でも理由なんて何でもよくて、今しかできない経験ってあると思うんです。やりたいと思った時に、やれることをやればいい!

ほんとにまとめるほどでもない薄い内容ですが、これが私が会社を辞めてワーホリすることを決めた理由です。意外とあっさりしてました笑

いつかワーホリについて悩んでる人たちの役に立てるような記事をこれからも更新していきたいと思います。こんなどこにでもいるような26歳だって、ワーホリに行けるんだよーって。

自分語りになりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました( ´ ▽ ` )ノむちこでした( ´ ▽ ` )ノ

 

 - ワーホリ準備