Everything is Alright!

Everything is Alright! オーストラリア ワーキングホリデーから帰国した むちこ のブログ。

ワーホリ準備!出国前に歯医者さんに行きましょう!!

      2016/05/11

オーストラリア ワーキングホリデーまであと2ヵ月を切りました むちこです。

今日、ワーホリ準備の一環として3ヵ月程前からこつこつ準備してきた歯の治療が終了しました!!

なぜワーホリに行くのに歯の治療が必要なのでしょうか?今日はその理由を私の行ってきた治療と共に紹介します。

 

保険は効くの?オーストラリア ワーホリの医療費事情。

歯の治療費といえば保険で何割か賄うのが日本では一般的ですね。ではワーホリではそのように保険が効くのでしょうか?

そもそも日本で支払っている医療費は総額から国民健康保険や社会保険を適用させているので、実質支払っているのは3割程度の金額になっています。オーストラリアにも日本の国民健康保険にあたるMedicareという制度があり、基本的に公立病院での医療費は無料ですが、一部条件を満たす人でないと歯の治療には保険を適用できないそうです。

しかもMedicareに加入できるのは主にオーストラリアの永住権保持者か市民権保持者でないといけません(他にも条件はいろいろあります)。つまりワーホリで行く場合には、Medicareに加入できないのです。

そこでおすすめなのは海外旅行保険に加入することです。海外旅行保険とは出国前に自分で決めた一定期間分の保険料を保険会社に支払い、怪我や病気の際にそこから費用を出してもらう、というものです。

多くの海外旅行保険は傷害死亡や後遺障害、治療費用、携行品被害などが保証対象となりますが、歯科治療においてはオプションとしての選択制であったり、保証の項目に入っていない場合もあります。場合によっては基本の保険料より多めに払わないといけないのです。

もちろん歯科治療が保険の対象項目として入っている保険を選べば問題ないのですが、保険には限度額があり、保険だけでは治療費が賄えなくなる場合もあります。なのでワーホリ中は治療をしないのがいちばんベストといえるでしょう。

これがワーホリに行く前に、日本で治せるところは治していったほうがいい理由のひとつです。

tooth1

 

必ず行っておきたい虫歯治療!!

虫歯はいつ痛みが来るかわかりません。痛くなってからでは治療に時間もかかります。なので日本にいるうちに、治せる歯は治しておきたいところです。

私は今回3ヵ所の虫歯を治療しましたが、いちばん時間のかかった治療は歯の詰め物が絡んでくる部位でした。小さい頃に治療した虫歯のあとの詰め物が古くなって隙間ができ、そこから新たに虫歯になっていたのです。そんな隙間、歯磨きだけじゃ防ぎようがありませんね。

新たに詰め物をするとなると、セラミックや銀歯などを作る時間がかかります。なのでワーホリ前なのであれば、ある程度治療の時間がかかるものだと考えて、早めに歯医者さんに通うのをおすすめします。

tooth2

 

親知らずは抜くなら早めに!!

今現在生えている方や、もうすでに抜いてしまった方はご理解いただけると思いますが、歯のメンテナンスで厄介なのが親知らずです。生え方も人によって違うので、全員が痛みを感じるわけではないし、なんら不便しない人もいると思います。

私の場合、この機会に親知らずを2本抜きました。特に痛みもなく、生え方も真っ直ぐだったので、日常生活には全く支障がなかったのですが、やはり磨くのが難しいからか、軽度の虫歯になっている状態でした。

初めは別の歯が痛くて病院に行ったのですが、せっかくなのでこの際親知らずも抜いてしまいましょう、と。その理由は虫歯が進行すると歯自体が脆くなって、抜く時に割れてしまって抜くのが困難になるから。また女性の場合は妊娠中や授乳中は麻酔ができないため、抜くことができなくなります。この先いずれ抜くことになるのなら、今抜いても変わらないので、やれるものはやっておこう!と思い、さっくり2本抜きました。

幸い、真っ直ぐ生えてくれてたお陰で痛みもほぼなく抜歯は済みました。ただ他の人の意見を聞くと「痛かった」というエピソードばかり耳にしますが...

親知らずは虫歯になって痛んでからでは対処が遅くなってしまうケースもあるので、長期で歯医者さんに通えないのなら、通えるうちに抜歯しておくことをおすすめします。

tooth4

 

日本にいるうちに定期的なメンテナンスを!

毎日の歯磨きを細かく行うのも大事ですが、定期的に歯医者さんでメンテナンスしてもらうことをおすすめします。

虫歯は見つかるのが早ければ早いほど治療が簡単になります。進行してからだと、痛みもあるし治療に時間もかかります。早期発見するには、定期的に歯医者さんに診てもらうのが一番です。またその際歯のクリーニングも一緒に行ってもらうと自分では落としきれていない汚れを取ってもらえるので、虫歯の予防になります。

 

もちろんワーホリにいってしまうとそのようなメンテナンスもしにくくなりますので、日本にいるうちにメンテナンスをして万全の状態を整えていくのがよいでしょう。

 

歯科治療は1日ですべてを終わらせられないので、虫歯治療や親知らず抜歯などいろいろな項目が増えていくと、予想以上に日数がかかります。ワーホリに行くことが決まっている方は、とりあえず一度、早めに歯医者さんに診てもらいましょう!!

 

 - ワーホリ準備